育てやすい野菜、その2


ピーマン・ししとう

ピーマン・ししとう

植え付け時期:5月中旬 収穫:7月〜8月
植え付け方法:苗を購入する
※ナス科なので、連作に注意。

植え付けの時期は暖かくなってから、
ナスと同じ頃が植えつけ適期です。
根の部分の土を崩さないように、浅めに植えつけます。
元肥は十分に与えると、株の勢いがつきます。
乾燥したら水やりを忘れずに。
それほどコマメに手入れしなくても、
どんどん育って実をつけるので初心者向きです。


キュウリ

キュウリ

植え付け時期:4月〜5月 収穫:6月〜9月
植え付け方法:苗を購入する、種まき
※ウリ科で、連作を嫌うので3〜4年は注意。

春先に苗が出回るのが春キュウリ、
5月ごろ畑に種まきをするのが夏キュウリです。
夏キュウリのが暑さや病害虫に比較的強いので、
初心者にオススメです。
風通しよく葉を整理して、水はけよく保ちましょう。
ベと病が発生しやすいので、見つけたら早めに手を打ちます。
実は若いうちに収穫しましょう。
実を大きく、太く育てると、株の勢いが弱まります。


サニーレタス、リーフレタス

サニーレタス、リーフレタス

植え付け時期:4月〜5月 収穫:6月〜7月
植え付け方法:種まき

レタスは季節を選びますが、リーフレタスは手間いらずで簡単です。
プランターや畑にばらまきをして、覆土はせず、かるく抑える程度で。
発芽まで乾燥させないように、特に気をつけます。
芽が出たら、詰まっている場所を間引きして、整理します。
成長途中も水切れをおこさないようにしましょう。
ネキリムシに株を根元から切られることがあるので、要注意です。


ハツカダイコン

ハツカダイコン

植え付け時期:いつでも 収穫:植え付けから3〜4週間
植え付け方法:種まき

真冬を除き、時を選ばず種まきができます。
畑の空いている場所や、プランターなどでも十分栽培できます。
すじまきをして、軽く土をかぶせます。水切れに注意しましょう。
間引きと土寄せ、追肥をしながら育てていきます。
収穫期を逃すと、実がワレてしまうので注意しましょう。


芽キャベツ

芽キャベツ

植え付け時期:7月ごろ 収穫:10月〜3月
植え付け方法:種まき

キャベツはアオムシなどの被害も多いですが、
芽キャベツは鉢やプランターでも育てられるため、
暑さ対策や、防虫対策が施しやすいです。
暑さ、乾燥に弱いので、水切れに気をつけて、日よけをしましょう。
風通しの良いように、下のほうの葉は取り除きます。
茎の下のほうについた芽キャベツが結球しだしたら収穫です。
少しづつ長く楽しめるでしょう。


実エンドウ

実エンドウ

植え付け時期:10月下旬〜11月 収穫:翌年5月〜6月
植え付け方法:種まき
※マメ科なので、連作に注意。

酸性の土を嫌うので、苦土石灰での中和が必須です。
寒さに強く、暑さに弱いので、越冬させて春先に初夏に収穫します。
3、40cm間隔に3、4粒づつ種をまきます。
早くまきすぎると、成長しすぎて寒さによる被害が出ます。
幼苗の防寒対策は、敷き藁や風除けをします。
冬の間は茎は伸びず、枯れたようになりますが、根が育っています。
春になって暖かくなると、一気にわき芽が伸び、大きくなります。


ゴーヤ

ゴーヤ

植え付け時期:4月〜5月 収穫:8月〜9月
植え付け方法:種まき

高温、乾燥に強いので、非常に育てやすい野菜です。
本葉が5〜6枚になったら、摘芯をして、
子づる、孫づるを伸ばします。
子づる、孫づるに実がなると覚えておきましょう。
広い場所で栽培する場合は、摘芯しなくても大丈夫です。
非常に丈夫な植物なので、条件が合えば
こぼれ種からも発芽して、自然に育ちます。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved