市民農園ってなに?

家庭菜園


最近「市民農園」という言葉をよく耳にしませんか?

都会では、なかなか野菜を作るような土地も手に入りません。
プランターや花壇などで野菜は作っているけど
もっと本格的に野菜を育てられたらとも思いますよね。

そんな人にピッタリなのが「市民農園」です。(^^)

平成2年に「市民農園整備促進法」が制定されました。
これによって作られ、運営されている農園を
「市民農園」と呼びます。

農業をメインにされていない人を対象に、
それぞれ小さく区切られれた農地を貸し出して、
自由に菜園として活用してもらおうというねらいですね。

他にも、「市民農園整備促進法」とは別に、
市町村が運営している農園や、
自治体が運営している市民農園もあります。

「畑を持ちたい」という夢を叶えてくれるのが、
市民農園なのです。


土地を借りるだけ?設備は?


菜園をするのだから、土地さえ借りれれば十分!

ごもっともです!!

しかし、水道や、トイレはどうしましょう?

ひ、…肥料?! ....(^^;; ちょ、ちょっと待って待って!

農作業で汗をかいたり、汚れたりもしますよね。
疲れたときに、少し休めるような場所があったなら便利ですよね。

それも叶えてくれるのが、市民農園です。
水道やクラブハウス(トイレや、休憩所、更衣室など)
農機具も貸し出してくれる至れり尽くせりの
サービスを受けられます。

他には、自治体の助成を受けた農家が開設している市民農園では
園主の農家の方が、苗の準備や、作付け計画を行い
農具や、肥料などを準備してくれるところもあり、
野菜作りの講習会なども敵的に行われます。
いわば、プロの指導も受けることができるのですね。


どうやって探す?


近くに借りられる市民農園はあるのかな?
どうやって探したらいいのかな?

夢が現実になると思うと、気が焦りますよね〜。(^^)

市民農園を開設している市区町村や、
自治体に問い合わせるのが一番早いのですが、
一般的に広報や情報誌などでオーナー募集が行われます。

市民農園の利用開始時期は、
大体春の3〜4月がほとんどですので、
その時期の3ヶ月まえぐらいからソワソワと
「載ってないかな〜」とチェックするのが良いですね。

そうそう、今ではインターネットと言う
便利なものもありますよね!

お近くに市民農園があるかないか、検索してみてくださいね。

全国市民農園ガイド
http://www.maff.go.jp/nouson/chiiki/simin_noen/risutos.htm


申し込み方法


利用したい市民農園が見つかったら、
申込みをしなくてはなりませんね。

スグに使えるわけではないんですよ〜。
立地条件や、人気のある農園だと抽選になったりもしますので、
まずは申込みが最初のステップです。

まず、利用したい市民農園の
募集時期をチェックしておきましょう。
当たり前ですが、逃すと「また来年〜」になってしまいます。

募集期間や、どこに申し込むかなどは
それぞれの農園で違いますが、
市区町村が開設している市民農園の場合は、
大抵、市区町村の担当部署が窓口になります。
しかし、これは事前に確認をして
間違わないように気をつけてくださいね。


料金はどうやって決まる?


気になるのが料金ですが、
ほとんどの市民農園が有料となっています。

料金は一律ではなく、それぞれの市民農園によって異なります。
市民農園を選ぶときに、料金も一緒に検討したいですね。

土地の条件、広さ、便利さ、施設、指導員の有無など
それぞれ料金が違うのが当たり前かもしれません。

かといって、家賃ほど高い金額ではないので
安心してくださいね。年額で何千円が多いです。
無料のところも稀にありますよ。

広さは、7割の農園が50?u以下です。
イメージしにくいのですが、
50?u前後、これだけあれば
野菜が7〜9種は楽々と育てられるでしょう。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved