ポピュラーな害虫被害の様子

家庭菜園


害虫と一口にいっても数多く存在するのですが、
どの家庭菜園にも現れる、ポピュラーな害虫だけでも
知っておくと役立ちますよね。

犯人がわかれば、対策も練りやすいものです。(^^)

[アブラムシ]:ほとんどの野菜
若い茎や葉について、汁を吸い取ります。
ウィルス菌を媒介します。

[アオムシ]:アブラナ科の野菜
葉を食べます、葉脈を残して、網目状になるのが特徴。

[ハスモンヨトウ、ヨトウムシ]:ほとんどの野菜
黒褐色のイモムシで、夜に活動して葉を食い荒らします。

[ハダニ]:ウリ科、マメ科、ナス科の野菜
葉の裏につきます。葉は黄色く変色して、枯れます。

[ネキリムシ]:ほとんどの野菜
根元に潜んでいて、夜に根を切ったり、葉を食い荒らします。

頑張って捕殺してください…!!
イタチごっこでも、
追いかけっこしないと増えるだけですから…(^^;;

参考書などをみると、
つきやすい野菜が大抵書いてあるのですが、
実際、その通りではありません。
ネキリムシなんかどこにでも現れて、
やっと大きくなった頃の株の軸の部分を
ぐるりとかじって切ってしまうので、ガッカリですよ。(;_;)

もちろん、見つかるまで周りの土をほじくりますけどね…!!

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved