効果的なマルチング

家庭菜園


マルチング、また新しい言葉が出てきましたね。(^^)

これ、畑に、黒や透明のビニールがひいてあるのを
見たことありませんか?
ビニールハウスじゃないですよ。畝にかぶせてあるんです。

畝にビニールをかぶせること、これをマルチングといいます。
実際「マルチをかける」という言葉をよく使います。

食品にラップをかけて、ホコリから食品を守るのと同じように、
土にビニールをかぶせることによって、
気温を保って発芽しやすい温かい状態に保ったり、
病害虫そのものの侵入を防いだり、雑草が生えるの防ぐなど、
マルチにはいいことがいっぱいなのです。

サランラップを巨大にしたカタチで売られているので、
まるでラップをかける作業と同じです。
端っこは重しに土を乗せます。
マルチがけは、風のない日を選んで作業しましょう。

種を植える場所には穴をあけて、
タネまきをしたり、苗を定植したりします。
収穫までマルチはつけっぱなしで問題ないです。
追肥は、マルチを破ったり、少しどかして行います。

ジャガイモは、畝に種芋を埋め込んで、
それからマルチをかけて、フタをするカタチをとります。

畝にビニールをかけたら、芽が出たらどうなるの?!

いえいえ、大丈夫。
下から押し上げてくるので、破ってあげればいいですし、
芽が自分で破ることもあります。新芽の強さには驚きますよ。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved