有機栽培とは?

家庭菜園


野菜を元気に健康的に育てる上で、必要不可欠なのが肥料ですね。

この肥料には、
落ち葉やピートモス、動物のふんなどを利用した「有機物肥料」と
化学的に合成されて作られた
化成肥料などの「無機質肥料」があります。

有機栽培とは「有機物肥料」だけを利用して行う栽培のことで、
例えば落ち葉や、生ゴミなどを利用して堆肥を作り、
土にすき込んで肥料にします。

無機質肥料の利点は、肥料を作る手間もなく、
肥料の3要素の配合もハッキリしているため、
目的に応じて使いやすいですし、匂いなどもほとんどなく、
使う人が使いやすいように作られています。

逆に「有機物肥料」は作る過程で
匂いや虫が発生したり、手間もかかるものですが、
非常に自然な形で土壌で分解されます。
その過程に存在する微生物のチカラは、
化成肥料にはない良い肥料を作り上げます。

有機栽培は、本来の畑と食卓、植物と大地のサイクルにより近い、
自然な農法であるといえるでしょう。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved