中耕で畑を柔らかく保つ

家庭菜園


家庭菜園は、苗を植えて、実を取るだけが全てではありません。

なんといってもメイン行事ですからね、
クローズアップされるのは当然なのですが。(^^)

実がなるまでの過程で、大切な作業が、中耕(ちゅうこう)です。

畑を用意した最初の時期は、土はふわふわしていますが、
日がたつにつれ、雨に打たれ、乾き、通路を歩きしているうちに、
どんどんカチカチになってしまいます。
そこで、浅く耕して土をやわらかく保つ作業が必要となり
それが中耕です。

中興することで、通気性、水はけをよくし、
作物の成長を促すほか、小さな雑草を一掃することもできます。

野菜が小さいときは深く耕しても大丈夫ですが、
大きくなってきたら、根を傷つけないように
浅く耕すように気をつけます。

頻度は、月に1,2度で十分です。
雑草が気になる時期は大変ですが、野菜のために頑張りましょう。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved