追肥の施し方

家庭菜園


成長過程で、必要に応じて肥料を足してやることを
「追肥(ついひ)」といいます。

長期にわたって育て、収穫する野菜には必要不可欠な作業で
その目的は、足りなくなった栄養素を補給するためですよね。

追肥に使う肥料は、即効性のある無機質肥料を使います。
株元に肥料を与えてしまいがちですが、
根が養分を吸い取る役目を果たしているので、
無意味な上に、根への障害が出やすくなります。

根の伸びている先端をを目安に追肥を行いましょう。
1度目より2度目、2度目より3度目と、
追肥の回数を重ねるごとに、株元より遠い位置に
追肥を施すをすることになりますね。

追肥の時期もとても大切です。
キャベツやレタスは結球がこぶし大の頃までに追肥を終わらせ
実物は葉勢を見ながら、多すぎないように施肥します。

また、雨が多いと肥料が効きやすく、葉が軟弱になったり、
逆にカラカラの地に粒上の肥料をまいても、解けて効きません。
水の管理もまた重要なポイントです。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved