施肥をする目的

家庭菜園


野菜が健康に育つのに、水と光だけでなく、栄養分が必要です。

先ほどから例を挙げるのが全て人ですね。
他の例を考えるのですが、
どうしても人を例にあげてしまいます。(^^;;

結局、人も野菜も同じなんですよ〜。(^^)

野菜が必要とする栄養成分(要素)は大きく3種類。
主に、窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)、
この3つを肥料の3要素といいます。

この他に、中量要素のカルシウム、マグネシウム、
微量要素の鉄、硫黄、マンガン、銅、モリブデンなどがあります。

これらの要素は野菜がどんどん吸収していくので
成長の過程で、補給してあげなくてはいけません。

この作業を、施肥(せひ)と言います。
まさしく字の通り「肥料を施すこと」ですね。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved