苗床の土作りのポイント

家庭菜園


畑の土作りをしたのと同じように、苗床の土作りももちろん必要です。

人の赤ちゃんのベッドはとても小さいものですが、
ふわふわのお布団や風通し、日当たりなど、
大人のそれ以上に気を使って大切に、大切に扱われます。

ちょっと大きくなれば、ねぇ。
もう、本当どこでも雑魚寝で大丈夫なんですがね(^;;

床土は保水性、排水性がどちらも高く、
肥料分は適度に含んだ、病害虫の混入していないものを使います。
促成で作る場合は、腐葉土か堆肥を半分程度混ぜ込み、
苦土石灰で酸度の調節をしてから使いましょう。

苗箱のには穴を開けて水はけ用の穴を確保しましょう。
苗床の底にはゴロ土を敷いて、水はけと通気性ををよくし、
それから床土を入れ、ふわふわの苗床の完成です。

株間は約10cm、タネをまく溝の深さは約1cmです。
覆土は溝の両脇の土をつまむようにして行います。

水の管理は、発芽までは濡れ新聞をかけて乾燥を防ぎ、
発芽を始めたら取り除きます。
必要に応じて間引きや水やりを行いましょう。

ポリ鉢の場合も、同じ手順ですよ。(^^)

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved