水やりで乾燥を防止する

家庭菜園


せっかくタネをまいたのですから、
出来るだけ発芽させてあげたいものです。

ネタを撒いた後は、乾燥を防ぐために、たっぷりと水やりをしましょう。
タネと土をなじませるようにしてくださいね。

水やりのタイミングは、タネまき直後は十分に与え、
その後は、畝の表面が軽く乾いてきてからで十分です。

これは、あまりにも水を与えすぎると、
タネが土中の水分に浸されるカタチになって、
発芽しにくくなることがあるためです。

水やりもあまり勢いよくザバッとかけてしまうと、
せっかくまいたタネが流れてしまうこともありえますので、
ジョウロなどを使って慎重にしてあげてください。

よく乾燥する場合は、濡れ新聞や切りワラをかけ、
その上から水やりをするのも効果的ですよ。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved