発芽しにくいタネの目出し方

家庭菜園


野菜の数だけタネがあって、それぞれ種にも個性があります。
当たり前ですが、とても可愛くていとおしいですよね。

中には頑固なタネもあって、
なかなか目を出しにくい恥ずかしがりなタネがあります。
それらも適切に手を加えてあげることで
キチンと芽を出してくれるので安心してくださいね。

種皮の硬いオクラやツルムラサキは、
紙やすりなどで表皮をこすって表面に傷をつけてあげると、
吸水して、発芽しやすくなります。

高温では発芽しにくいタネもあります。
ホウレンソウやレタス、セロリなどは一晩水に浸します。
それから木綿の袋に入れて乾かないようにして、
冷蔵庫で2〜3日で芽出しさせ、撒くようにしましょう。

当たり前ですが、発芽には気温も大切な要素です。
タネまきの時期はずさないように気をつけましょう。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved