畝作りのポイント

家庭菜園


野菜を育てるのに適した土作りができたら、土を平らにならして、
タネまきをしたり、苗を植えつけやすいように、
畝(うね)を作りましょう。

野菜作りというと、畝作りが思い浮かびますが、
畝作りの前にやらなくてはならないことが
たくさんあるんですね。

畝は、自分の感性で自由に、好きに作ってよいのですが、
畝のタイプは大きく2種類に分かれます。
溝状のごく一般的な「普通畝」と、
幅を広くとった「ベッド畝」があります。

野菜の種類のよって畝を使い分けるのですが、
狭い菜園では、広いベッド畝をメインにして、
畝数を減らしたほうが、スペースを有効活用できますよ。

基本的に、普通畝に適した野菜は、
葉が大きく、大きな株になる野菜に向いています。
ダイコンやキャベツ、ハクサイなど普通畝がオススメです。
畝幅は大体60〜70cmですが
野菜により調節しましょう。

逆に、ベッド畝に適した野菜は、
コマツナやホウレンソウやチンゲンサイなどです。
間引きや草取りなどはマメにして
日当たりや風通しよく保つように気をつけましょう。

これらは自分で実際にやりながら、
自分がやりやすいように覚えていくのが良いですね。

 
Copyright © 2007〜2008 かんたん!わかる!家庭菜園初心者ガイド. All rights reserved